長くタバコを吸っている愛煙家にとって、禁煙を達成するまでには長く険しい道のりが待っています。しかし、それは気合と根性だけでタバコをやめようとする場合の話であり、実は今タバコをやめるために大きな助けとなる”禁煙治療薬”が存在します。

タバコを吸う男性の写真

禁煙してタバコの臭いのない自分に・肺がんの症状

喫煙者がいると、家も車も、どこもかしこもタバコ臭くなってしまいます。
タバコの臭いは喫煙者本人にとっては快楽かもしれませんが、まわりの非喫煙者の家族は迷惑している可能性もあります。生まれた時からタバコの臭いに慣れてしまっている子どももいるかもしれませんが、それはそれで危険です。
禁煙することができれば、家のタバコ臭さも取れます。
また、自分自身のタバコの臭いが消えて、まわりから評価される可能性もあります。
タバコの臭いがしている人というのは、非喫煙者から見ると魅力的ではありません。本人はカッコイイつもりで吸っているのかもしれませんが、まわりにとっては不潔なイメージを持たれている可能性もあります。
逆に考えれば、禁煙すれば今まで以上にまわりから評価される可能性があるということです。
禁煙にはなんらかのモチベーションが必要ですが、それを周囲から好かれたいという目的で保つのも良いでしょう。
禁煙して体に悪いことはありません。確かに禁煙すると食べ物が美味しくて太るということもありますが、それは禁煙に成功したらいくらでも調子を整えることができます。
肥満は後で解決できますが、タバコによる影響でがんになってしまっては、問題は深刻です。
例えば、タバコが原因で起こる肺がんの症状には、咳、血痰、胸痛、声のかすれ、むくみ、などがあります。肺がんの症状が出てからでは、間に合わない危険性もあります。
タバコをやめることは、様々な病気のリスクを下げることに繋がります。
すでに循環器系の呼吸症状が出ている人でも、禁煙をすることによって、咳、痰、喘鳴、などが回復する可能性もあります。
自力で禁煙できない場合には、医療機関を受診しましょう。